ひとつ新しいことを覚えると、ひとつ以前のことを忘れてしまう

どんなことでもそうだと思いますが、いろいろなことを勉強し始めたときというのは、一つのことを覚えては、一つのことを忘れたりするものです。
そういうことを繰り返して、少しずつ学習したことを確かにしていくというのが、上達のコツなのかもしれません。
新しいことが出来るようになるというのは、一度成功したり、うまくいくと言うことではありません。
同じことを何度も繰り返して、同じように出来るようになることを言うのだと思います。
私も、少し前から資格の勉強をしているのですが、昨日やったことを忘れてしまったり、以前学習した内容が頭から抜け落ちていたりしていることがあります。
今日新しいことを何か一つ覚えても、それに押し出されるように、前に学習したものを忘れてしまったりしているんですよね。
でも、ちょっとずつではありますが、頭の中にとどまっている内容というのも多くなっているし、自分なりに成果を感じたりもしています。
例えば1から100のことを一日で全部やれば、一時的に頭の中にはすべてのことがインプットされているような状態になるかもしれません。
でも、次の日に大方を忘れているようでは、身についているとは言えないので、地道に少しずつ、確実に勉強していこうと思います。

ひとつ新しいことを覚えると、ひとつ以前のことを忘れてしまう