外国のマンションの工夫と日本のマンションの違い

ドイツのマンションというか、コの字に立つ様は集合住宅と呼んだ方がしっくりきますが、その集合住宅の新しいものには住民専用のトランクルーム的な倉庫が地下に完備されている事が多いそうです。各部屋ごとに割り当てられたスペースは自転車なども置ける広さで、季節の道具やアウトドア用品など頻繁には使わなくなった物を格納できるそうです。使わなくなってしまった大型を置く家庭もある様ですので驚きですね。
スペースは鉄格子で区切られ錠も閉められます。もちろんそのフロア自体に住民の方以外はは入れないので安心安全です。
そしてそんな新しいマンションとは別に、戦前から立つ古いマンションも多く、人気も二極化しているようです。古いマンションはヨーロッパらしい内装でこちらは賃貸が多く、趣きが好きな方には支持されています。
日本のマンションはガーデン大国のドイツから見たら直線的で敷地が狭く庭が無い、道路に近い、と思われている様です。
確かに都心では大型マンション以外はブロック型で入口が既に道路に面している場合が多いですね。戸数を増やすにもタワーにして上に広げないと確保出来ない狭い日本の事情です。アルバイト カードローン審査

外国のマンションの工夫と日本のマンションの違い